どの顔も本当。


上舞台袖で。急きょ誉田別命を舞うことになった “渡 勇さん”を
 恵比寿のような笑顔で励ます “中川康弘さん(やっちゃん)” 


星 三谷神楽団 弥生の神楽交流会 星

地域の方への恩返しと、次世代への継承を目的に今年2回目を迎えました。

震災後、繰り返し是非を検討され“できることから”の決意に至り、
『東北関東大地震 復興祈念』のチャリティーとして開催されました。

三谷神楽団の皆さんは、阪神大震災の折り、現地での復興祈願などの奉納を経験されていることから、特に誠実に考えを重ねられたのでは、と感じています。

地元の方にお手伝いをいただきながら、数日間、手作りで一生懸命整えられた舞台会場。
雨にも拘らず、お客さんは昨年より沢山に足を運んでくださったようです。

終わりの挨拶では、ゲストの大塚神楽団の皆さんも一緒に舞台に並ばれました。神楽が終わっても帰るお客さんはなし!
大きな労いの拍手に、報われましたね にこっ

音符 それにしても 音符

今回楽しみにしていた新舞『紅葉狩』。
こんなに長くお付き合いしてたのに。。な~んてこった。。
ウフフ、必ず一度は見てね。

下  わおッ “梶原 信吾さん”の新舞姿!



下“木下 秀雄さん”の妖艶な鬼女大王に会場もザワッ
 本当に色っぽくて見とれちゃいました。
 



下 昭和30年代に山王神楽団から伝承された紅葉狩。シンプルです。



お茶 ここだけの話、三谷神楽団といえば お茶

一番インタビューがまとまりにくい神楽団NO1でして。。。
舞台でマイクを向けられてる人より、幕裏の団員さんが、とんでもないことを、素早く大声で答えるから。
ふざけるし、からかわれるし、ほとんど野次だし!

なのに!なぜ本番では、あのような品のある重厚な舞で会場を魅了するのか??
ふり幅大きすぎる。
そこが人間くさくて魅力なのか??

この日紹介させていただいた新人3人。
鬼が舞いたくて入団した “齊藤 由喜美さん”。
笛を勉強中の、もうすぐ高校生“田辺 瑞希ちゃん”。
目標とする『佐々木 剛さん』に、いつかは取って代わってやる!と野望を燃やす “岡部 勇士くん”。

三谷神楽団で成長する姿を見守ってください!
逞しくなるよーにひひ   

下『矢旗』前。最終コンディションを整える“園田 哲也さん”“渡 勇さん”。
  同級生コンビです。






上 『わしは、あいつ(薗田さん)がおったけぇ ここまで神楽続けとる。』
  本番前にポツリ。二人にしか分からない歴史があるんだろうな。。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.252681秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289727