モネもね!


上 ひろしま美術館。鑑賞日和。

ダイヤ 気になっていた『セーヌの流れに沿って』行きました ダイヤ

やっぱり最終週になっちゃったなー。
重なり合うほどではありませんが、平日の午後、人が多かったですよ!

今回のお目当ては『アンリ・ルソー (1844-1910 素朴派)』
(といっても4枚だけ)
美術の教科書で見た“眠るジプシー女”はドラマチックで強烈 パンチ

ルソーは、ピカソが敬愛した画家でもありますね。

r01.jpg

上 “眠るジプシー女 (1897)” 
 ※今回は展示されてません。


ルソーの作品は “ありえないでしょ~ にひひ ” という、アンバランスでユニークな見方もできますが、いつも詩的で、物悲しくて、眺めていると絵中で彷徨ってしまいます。

『ルソー芸術』と評される、あの独特な世界が好き~。

よく解説書に『写実的(ありのまま)に描かれる具象的(はっきした形をもつ)な絵画』とあるのですが??位置的なものはさっぱり分からない。

ともあれ、今回出逢ったルソーにも“空間を支配する満月”がいた。
見応えがあって嬉しかったです 音符

セーヌに縁のあるおよそ140点。
遥かな記憶と合流する作品がきっとありますよ星

110223_121419_ed.jpg

上 これもルソー 『イヴリー河岸(1907頃)』
 まもなく終了、ご注意。
 
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.270016秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286140