目からウロコ。
下 AIT ファッションフェスティバル2011
  NTT クレドホールにて



娘が所属する事務所の先輩で、憧れのモデル『沖重小夜子さん』の晴れ姿を見てきました。

ファッション専門学生と、プロのデザイナーとのコラボ。

本格的なファッションショーを見るのは初めてだったので、とても楽しみでした。

純白のドレスも溜息が出たけど、厳島鳥居の朱(あか)や、京都の二条城をテーマにデザインされた独創的な服も面白かった。

“建築物も服もデザインである”。。おおっ!なるほど ぎょ!!

とにかく沖重さんは妖精のようでlove

舞台から目線を贈ってもらって、娘は天に昇っておりました。

最高の勉強をさせてもらったね。レッスンにも力が入ることでしょうグー


ダイヤ 日曜日は月いちの舞ですよ~ ダイヤ

今回は、『仁・義・礼』をテーマに括らせていただいた4つの物語です。

親子や兄弟をはじめ、愛する人のために『命を懸けて戦う』。

人間同士の信頼や、忠誠、情。。。並べてみても、ちょっと、言葉では表現仕切れませんね。

一冊の台本から、その物語が語ろうとする力を発揮するのは、容易なことではないと思いますが、だからこそ代表演目として支持されるのでしょう。

舞台の主役たちと共に戦ってください。

今回はリクエストにお応えして、“ 勿来(なこそ)の関 ”と“ 新羅三郎 ”を続けてお送りしますので、お楽しみに音符

でも登場人物多いよ~~にひひ



上梶矢神楽団“勿来の関”より。“前9年合戦”とも言われます。
  
 源頼義・義家親子は、東北で強い勢力を持つ豪族・阿部氏に勝利します。
 その後、頼義の援軍として活躍した“清原氏”が東北の覇者となります。
 でも、この“清原 家”が問題なのよ。

チューリップ 写真はユッキーさん

下 宮乃木神楽団“新羅三郎(後三年の役)”
 
 およそ20年後、義家は清原家3兄弟の内紛に巻き込まれます。
 義家苦戦のピンチに、弟の新羅三郎(義光)が駆けつけます。

6110.jpg

上新羅三郎(義光)を兄と慕う豊原時秋に、笙の秘曲を授ける名場面です。

チューリップ 写真はよってけさん

○ 月一の舞『仁・義・礼』 2月13日(日) ○

千代田開発センター 11時開場  12時開演

原田神楽団:桜井の駅
梶矢神楽団:勿来の関
宮乃木神楽団:新羅三郎(後三年の役)
後野神楽社中:鏡山

前売り¥1200 当日¥1500 小中学生¥500
問:0826-72-6908・北広島町観光協会

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.246924秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296573