なんとなく油彩が好きで。


ロビーから屋上庭園を眺める。月が真正面に昇るのは9月と3月。

朝早く出て濃霧を走り、“奥田元栄・小由女美術館”へ行ってきました。
東から昇る月が、屋上庭園の池に揺れて
『日本で一番、月が美しく見える美術館』として知られます。

ちょうど今夜は満月で、開館時間も9時まで延長される日ですが、この大粒の雨。3年ぶりの皆既月食も残念です。

さて、お目当ては『フランダースの光~ベルギーの美しき村を描いて~』。
19世紀末から、20世紀初頭、ベルギーのフランダース地方にあるラーテム村が舞台。
この村の豊かな田園風景は、多くの芸術家たちの心を奪い、芸術村が誕生するのです。

絵画・彫刻、約90点の展示。印象もいろいろ。
中でもラーテム村の素朴な田舎風景と、人々の生活を描いた油彩は、光に満ちていて、気持ちが安らぐ作品が多い。

ゆらゆらした木洩れ陽とか、乾し草の香りとか。
形の無いものまでキャンバスにのせることができるなんて、すごい。

100年以上も前の、行ったこともない風景は、懐かしさに溢れています。
。。。大田舎で育ったかいがあったってもんです にかっ

1月10日(月・祝)まで開催。
9:30~17:00。休館日に注意。
問:0824-65-0010




休憩スペースで腰をかけてゆっくり。
冬の雑木林が広がります。




レストランで『マドモアゼルランチ』をいただきました。
メインは、はまちのポワレ(蒸し焼き)。
。。マドモアゼルは未婚女性、とかお嬢さんって意味だったよね~。

『ご注文は?』
『マ、マドモアゼルランチ ぽっ』。。頼みにくい~っ汗

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.23384秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298297