は~れ~ろ~。
月 今夜はふたご座流星群の極大日だよっ 星

しぶんぎ、ペルセウスと並んで、3大流星群のひとつで、最近では、1時間に100個という期待を背負うほど活発化しています。

夜8時。。もうすぐ極大の時間ですが、上弦過ぎの月が沈む0時半を過ぎてからが本番になるかな?

そのころには、ふたご座が天頂に上るので、方角を気にしないで全天を眺められます。

ただ、空の様子がねぇ。。。きゅー

じわじわと雲が広がりつつあります。。。うぅしくしく

とりあえず、今回は、夜明け前組。

おやつ持って、3時から観測スタート。

。。ができると良いのですが。。。ダッシュ


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
次の特集何が良い?
きつね 紅葉狩り特集、楽しんで頂けましたか? きつね

通常公演としては、開催史上初ともいえる超満員で、スタッフは狼狽えたり、感激したり。

神楽納めの時期や、新聞の力、いろんな要素も重なった、とはいえ!
やはり、紅葉狩りは人気演目です。

私は、この企画を最初に見たとき『なんじゃ~こりゃ~??』
同じ物語ばかり、退屈するでしょう?と思っていたのですが にこっ

“それぞれの個性を味わおう”と幕を開けた4つの『紅葉狩り』。
話の展開こそは同じですが、その仕上がりは4団4色。
見事に枝葉を広げながら生き生きと受け継がれています。

※舞台の写真は、NPOの『展子ちゃん』です。

星 八重西神楽団 星

今年から鬼女たちが5人になりました。
若い団員さんが多いという神楽団の特徴と、紅葉狩りの魅力が合致し、
華やかさ一番!

舞台袖の雰囲気も若いエネルギーに溢れていて、力が漲ってました!

“お客さんに喜んでもらい、自分たちも一緒に楽しむ”
という思いが詰まった舞台です。



星 有田神楽団 星

明治39年に“寺原(現・八重西)神楽集”の“言葉集”として編集された
16演目の中に残る台本です。

ということは、もっと古くから舞われていたということでしょうか。

お能色が濃く残る、他には無い紅葉です。
楽・口上・小道具。。全て珍しく新鮮で、品があります。

森脇団長は、以前、部分的に分かりやすく変えようとしたこともあったそうですが、やはり違和感が大きく、時代を超えて残っていく作品の力を改めて実感したそうです。



下美女たちとの宴に酔いしれる維茂。謡に入る場面。
『立盛 翔太さん』の艶のある声。一度聞いてください。



※照明室から撮影。。。

星 今福神楽社中 星

昭和34年、競演大会でのご縁を通じ、千代田・春木神楽団から口上本をいただいて、先人たちが八調子の紅葉狩りを、オリジナルで作り上げたそうです。

最近では一部でしか見られなくなった“木の又権兵衛”が、終始舞台で活躍するのも面白く、奉納やまつりで育てられたことがよく分かります。

石見で紅葉は驚かれませんか?
『50年舞ってきた。他の演目と何ら変わりませんよ。』
と代表顧問の宮本さん。

八調子で舞う、紅葉狩りの登場人物。かなり!インパクト大!!



ちなみに春木神楽団は当時、化生舞を、加計や戸河内、芸北など数多く指導をされていたそうです。(春木神楽団:津江団長 談)

星 中川戸神楽団 星

長野県・鬼無里(きなさ)に伝わる伝説を紐解き、『中川戸の紅葉狩り』として整っておよそ7年になります。
まだ、新しいんですね。。

呉葉から紅葉へと、経基を愛するが故に悲しみと憎しみを背負い、ついには鬼となる。。。
仕掛けや演出が話題になりがちですが、一番大切に演じられるのは
『女の情念』です。



下終了後、年賀はがきを販売するため、お隣サンクスへ向かう能海団長。
やっぱり能海さんの舞が見たいよね~。

維茂の姿で売れば、即!完売だってば! 
『年賀状はお早めに~ 音符



今年最後の撮影会は、
鬼女3人『松田大地さん』『河内洋介さん』『前長直哉さん』。
快く協力していただいて本当にありがとうございました。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.292337秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298292