妬けちゃうくらい。
芸石のスタッフミーティングで、舞台を仕切るおじ様がひとこと。
『わしは芸石と、誕生日がほぼ一緒なんよ。
 この大会を自分の人生と重ねとる にこっ 』

その62回めの大会で、石見八調子神楽が、初の快挙でした。
旧舞の部 優勝 『 石見神楽 亀山社中 』 の皆さん。 
美しい 『 岩戸 』。


発表の瞬間、悲鳴のような喜びの声が響き渡りました。

加えて、大太鼓の『 小川 徹 』副代表の個人賞。
素晴らしい場面に立ち会わせていただきました。

亀山社中の皆さんが、変革を志に旗揚げされて、11年。
当時、まだまだ保守的な環境で、“ 異端 ”と厳しく評され、はじかれながら傷つき、どれだけ歯を食いしばって頑張ってこられたか、見守ってきた皆さんはよくお分かりだと思います。

短いながら濃い、亀山の11年です。


表彰式が終わって、いろんな神楽団のメンバーが小川副代表にお祝いの言葉を。。
『 おめでとう!必ず、この日がくると思っとった!! 』

苦しい時代に、社中や団を超えて、理解と励ましで寄り添ってくれた、絆があるんですね。

今回の優勝は、尊い。本当におめでとうございます 四葉



上 上手袖から。まぶし~い。



上 みんないろんなこと向いてますな~。
手前の男の子、左から:小川 魁(かい)君 5年生。
となりは小川 奏(そう)君 3年生。
いとこの二人。奏君、ちゃんと写ってなくてごめんね。



筏津神楽団 前河 伸弥さん(左)と小川 徹さん。涙で心を通わせる二人。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<前  2018年02月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.305188秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2424422