モミジのような可愛い手足。
花全国的に知られる、安佐動物公園・オオサンショウウオの保護活動花

園の保護育成施設では、幼生から推定50歳まで、現在90頭のオオサンショウウオが暮らしています。

夏の終わりに産卵し、今年生まれた卵は973個!

でも無事に大きくなるのは、ほんの数頭だって。



上キラキラ光る卵、真珠の如くです。40~50日で孵化します。



上6歳になる幼生。パイプから顔を出したり。引っこめたり。


ダイヤ野生のオオサンショウウオの研究、保護のための人口巣穴ダイヤ

こちらと下同じものを使い、太田川水系のオオサンショウウオの研究が進んでいます。



オオサンショウウオの繁殖はとてもユニークです音符

まず、8月の初め“主(ぬし・巣穴作りと卵の見張り)”と呼ばれるオスが、巣穴を掘り起し、中をキレイに掃除しておきます。

すると1匹のメスと、巣穴を持たない数頭のオスが入ってきます。

そしてメスが卵を生み、全員で繁殖活動を終えると、“主”は巣穴から全員を追い出します。

その日から“主”は、1頭で卵を守り、孵化を見守り、冬の間に少しずつ赤ちゃんが巣穴から流れ出ていくのを見届けるのです。

途中、巣穴を留守にできませんので、餌もほとんど食べられないし・・・

比較的、体が大きな個体が“主”になるのでは、というお話でしたが。

『俺、主になろーっと。』とか自分で思うのかな~??

謎の多い、世界最大の両生類ですにこっ


※卵・園内保護飼育施設は一般公開していません。



上愛好会で、ぴーちくパークにスダジイ(シイの木)を2本植樹しました。
たくさんのドングリが実りますように。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 神楽 |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2017年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.216485秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2280857