かけがえのない。
ダイヤ今日も爽やかダイヤ

天高く馬肥ゆる秋!

特に今、何食べても美味しいよね~りんご

とは言え、もともとこの中国故事ことわざは。

「秋になると北方の騎馬民族が、豊かに実った収穫物を狙って略奪にやってくるから油断してちゃダメダメ。」という戒めだそうです。

夏の間、美味しい草を食べて体力をつけた馬に乗って攻めてくる敵を警戒する意味なのですねー。

( ̄Д ̄;) ヘー

私の敵は「おっちょこちょい」の性分だ。

秋に限らないけど。。。


ダイヤさって~ダイヤ

先週末の大朝ふるさと祭り。

今年も新庄保育所の「新・新・新 紅葉狩」を拝見することができました。



上『神楽、楽しい音符』があふれ出ちゃう。


笑顔で舞う子、真剣に舞う子、どちらも神楽が大好きなんですね。

これぞ神楽の原点!


地元の皆さんを和ませる、可愛らしい姿、歌声。

大きな声で「あきの~ゆうぐれ~」と歌う宴の場面は、最高ですね四葉

しかし、このひたむきな姿に、学ばせてもらうことも多い。

保育所の先生方や、指導をされる地域の皆さんの“縁の下の力持ち”の姿もしっかり感じました。

神楽の里の名物が、長く長く継承されていきますように。

~新庄保育所 子供神楽団 新・新・新紅葉狩~

5歳児4名、4歳児5名、3歳児5名、合わせて14名で構成。

〇あらすじ〇
寒曳山に黄ぐもという悪鬼が住み、里に出ては夜な夜な悪事を働くこと数知れず。人々は困り果てていました。
村人が困っているのを聞き、都より遣えし若者が悪鬼退治に寒曳山に足を進めます。
そこで紅葉狩をする美しき鬼女と出会い、紅葉狩に興じミルクの毒に倒れます。さて、どうなることでしょうか??

































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
さんとか、ざんとか。


上月齢8。上弦より少しふっくら。満月は12日(火)。


ダイヤ先週の広島神楽定期公演、後半のご紹介前にダイヤ

印象的な出来事をいつくか。

まず、茂田神楽団の皆さんの葛城山を「かつらぎざん」と上演前にご紹介してしまったのですが。

茂田神楽団は「かつらぎさん」でした。

失礼しましたm(_ _)m

神楽には演目名、役名の他、例えば鵺であれば牛やタヌキなど神楽団によって異なる内容が沢山ありますので。

あらすじなどのご紹介も、思い込みではなく「念のための確認」がとても大切なんだけど。

それでも、うっかりということが時々ありますダッシュ


そしてこの日は、山姥の上演前、手元にあるあらすじを確認しようと。

怪童丸を舞う土井直人さんに“頼光の従者は綱でOKですか?”とお聞きしたところ。

『そうです。シーチキンです。』と笑顔で答えてくださったのですが。

・・・シーチキン???

私、分からなかったんですよ、この基本中の基本ネタが。

・・・こりゃあ、勉強し直しですねっにひひ


ダイヤさて、幕間のお話はダイヤ

岸本正行団長の登場となりました。

団員さんが“茂田神楽団の恵比寿さん”と呼ばれる岸本さんです。

秋の紅葉、温泉等々、故郷・三次市君田町の良い所をご紹介して頂き。

又、君田には信号がひとつしかないというお話も珍しく、とても楽しく伺いました。


ところで、今年の秋は、茂田の皆さんは超ハードだそうで。

4日連続という日もあったそうです。

「4日目はどんな感じになりますか?」とお聞きしますと。

『眠いです。』と言われつつ『でもみんな元気に舞うんですよ、神楽が好きだから!』と団員さんの充実ぶりを語られました。

因みに、公演が続く際、白衣の洗濯はどうなるのかも聞いてみたのですが。

最近は乾燥器があるから問題なしとのことでした。

納得。


茂田神楽団の皆さんは、11月17日(日)君田大柳文化公園で開催される<あったかむらフェスティバル2019>に出演されます。

茂田神楽団「戻り橋」、茂田こども神楽団「葛城山」です。


~第二幕 山姥~

茂田神楽団の先輩方が、天神神楽団の山姥に感銘を受け、指導を頂いた山姥。

この山姥を大切に受け継ぎ、30年近く経った今、この演目は茂田神楽団の十八番演目となっています。

面を使わない山姥は、いでたちも舞い方も独特です。

又、最後の親子別れの場面では、まだ幼い怪童丸(改名した後ですが)の気持ちの動きが所作で表現され、ググッときます。

これまで山姥の心情を様々に推察してきましたが、まだ母を求める年ごろであった怪童丸に思いを馳せる山姥でした。


大太鼓:正光 白さん、小太鼓:小前晋一朗さん、
手打鉦:田中孝司さん、笛:前田奈穂さん。

源頼光:茶木篤紀さん、渡辺綱:角先由介さん、
山姥:増原英伸さん、怪童丸:土井直人さん。































上上演後、ホッと一息の控室音符
後段左から:岸本正行団長、茶木篤紀さん、正光 白さん、角先由介さん。
前段左から:葛城山で使用した咥面、前田奈穂さん、増原英伸さん。
私、ポーズをとってるのに、首から上だけ。。。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
ふさふさ。
ダイヤ大盛の3連休も最終日ダイヤ

今日、久しぶりに娘の顔を見ましたら。

髪の一部がオレンジ色になっていてびっくりしましたぎょ

来年の春に社会人になるので、学生のうちに挑戦したいことのひとつだそうです。

ハアハア( ̄- ̄)ホウホウ


それにしても、この連休はお天気に恵まれたせいか、どこへ行くにも渋滞に巻き込まれ。

昨日の夕方は大朝から高速で帰るのに1時間半もかかってぐったりダッシュ

行楽の秋、真っ最中ですね。




上紅葉と木橋。カサカサと紅葉を踏みながら渡る。


ダイヤ先週の広島神楽定期公演・茂田神楽団の皆さんをご紹介しますダイヤ



上夕暮れに赤い大蛇登場。
It's so cool !』と外国の方に囲まれていました。



この日は『葛城山』『山姥』と、茂田神楽団の十八番、代表演目が並びました。

お囃子と歌にあっという間に心を掴まれ、瞬く間の2時間でした。


茂田の皆さんは、この2日に地まつりが終わったばかり。

ひとつひとつに安堵を感じながらも、この秋の忙しさはまだまだ続きます。


~第一幕 葛城山~

およそ30年前に、先輩方が初めて取り入れた新舞がこの「葛城山」です。

最初に、奏楽の皆さんの伸びやかな歌に「やられた~」と思い。

神のゆったりとした足運びに見惚れ。。。

力強さと雅な雰囲気は、新舞というか茂田の葛城山ですね。

この葛城山は、神楽台本師である湧田裕樹さんのおじいちゃんから、直接指導を受けられたそうです。

現在も、当時師事した舞を変えずに、舞継がれています。


大太鼓:小前晋一朗さん、小太鼓:佐々木雅美さん、
手打鉦:田中孝司さん、笛:浅井千秋さん。

源頼光:小滝達也さん、卜部季武:谷口裕則さん、
坂田金時:土井直人さん、胡蝶:増原英伸さん、
土蜘蛛の精魂:正光 白さん。
































明後日11月6日(水)の広島神楽定期公演は

才乙旭神楽団の皆さんです。

「天神」「鍾馗」(上演順が入れ替わりました)をご覧いただきます。

伝統の2演目をご堪能あれ~四葉

11月6日(水)18時開場 19時開演
広島県民文化センター(082)245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
深まる。
ダイヤ家の目の前の街路樹がダイヤ

ほんの少し色付いてきましたが、まだほとんど青葉。

毎年真っ赤に染まって、毎朝カーテンを開けるのが楽しみなのですが。。。

この街路樹、毎年11月の最初には伐採されて、丸ハゲになっちゃうので。

ちょっと焦るダッシュ

秋化粧くらいゆっくりさせてあげたい。




上昨年も綺麗で心が和みました。


ダイヤさて、11月の神楽をひとつご案内ダイヤ

筒賀の大銀杏の紅葉と共に開催される、つつが神楽祭です。

今年も筒賀の神楽と、ゲスト2団体をお迎えして盛り沢山でお楽しみ頂きます四葉

この神楽祭が終わると、冬支度ですね。


第43回つつがふるさとまつり・つつが神楽祭

11月10日(日)13時30分開演
筒賀小学校体育館
入場料:協賛金として600円 高校生以下無料

プログラム
四方祓    三谷神楽団 
天の岩戸   梶原神楽団 
四 神    坂原神楽団 
恵比寿    三谷神楽団 
八岐大蛇   梶原神楽団 
三 刀    坂原神楽団 
大江山    三谷神楽団 
紅葉狩    上河内神楽団
羅生門     原田神楽団 

※演目は変更になる場合があります。
※筒賀小学校グラウンドが臨時駐車場となります。
※ビデオ撮影等はお断りしています。

問:安芸太田町商工会 0826-28-2504


ブログ、2~3日お休みいたします。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
ジョビ子の朝。


上朝陽を浴びるジョウビタキのメス。通称「ジョビ子」。


ダイヤ冬鳥入りましたーダイヤ

今季初のジョウビタキに出会いました。

昨年はジョウビタキをはじめ、冬鳥全体の初認が遅く。

数も極端に少なくて、自然の異変に対する恐怖のようなものを感じて過ごしました。

まずは、姿を見てホッとしています。

これから春まで、元気な姿を毎日見せてくれると思いますにこっ

ジョウビタキは身近な冬鳥ですので「ヒッヒッ」という鳴き声が聞こえたら、探してみてくださいね。




上ジョウビタキの雄。頭が銀色に光るオシャレさん。


ダイヤ明日の広島神楽定期公演はダイヤ

三次市から茂田神楽団の皆さんの登場です。

「葛城山」「山姥」です。

三次縁の皆様も、ぜひ故郷のあたたかみある舞台を味わいにお越しください。

10月30日(水)18時開場 19時開演
広島県民文化センター(082)245-2311



上一昨年の定期公演から、茂田神楽団・葛城山。


ダイヤ今週末は、第56回大朝神楽競演大会ですダイヤ

大朝の伝統と発展の舞を堪能しましょうね~。

楽しみ!!


~第56回大朝神楽競演大会~

11月2日(土)11時開場 13時30分開演
大朝体育館
入場無料(この大会は皆様から頂いた御花・寄付金により開催しています)

プログラム
神迎   枝之宮神楽団
土蜘蛛  特別出演 大塚子ども神楽団

鍾馗   八栄神楽団
八幡   小市馬神楽団
葛城山  富士神楽団

日御碕  特別出演 あさひが丘神楽団
抽選会

日本武尊 朝間神楽団
天神   郷之崎神楽団
伊吹山  大塚神楽団
塵倫   筏津神楽団
大蛇   特別出演 石見神代神楽上府社中

抽選会
表彰式・閉会式 

問:北広島町商工会大朝支所0826-82-2576


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.346213秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296586