沢山釣れた♡


上学校の廊下からの眺め。
坂道を登るのは大変ですが、とても気持ちいい。



ダイヤ相変わらず水曜の朝はダイヤ

小学校の読み聞かせに通っています。

今日は3年生、好奇心いっぱいの明るいクラスで、よく笑った。。。

娘が卒業して7年になりますが、なかなかメンバーが増えず継続中です。

でも、やっぱり子供たちは本が大好き!絵本選びも楽しいですよ音符




上この季節ぴったりの「ぬーくぬく(飯野和好・作)」を読みました。干し大根と干し芋が「食」をテーマに、広島弁でユニークな会話を展開します。


ダイヤ「第17回 お盆神楽共演大会」続きまして~ダイヤ

元気な小魚ちゃんたちが、ぴょんぴょんと飛び跳ね。

奏楽の皆さんは毎年、戦々恐々となる!

恒例の恵比須舞ですよ~。


~第三幕 恵比須 今田神楽団~

恵比須:森廣 洋さん。

大太鼓:大野真司さん、小太鼓:岡田真歩さん、
手打鉦:庭尾智樹さん、笛:岡田真季さん。








上 !!



上やっぱそうなる。これ以降庭尾さんのお顔は一切拝めませんねぇにひひ



上まだこういう粋なものが釣れるのですね。感謝!



上あれ?真季ちゃん?!





上めで鯛と、袋の中に何か。





上真歩ちゃんの顔が小さいのでサイズが合いませんでした。萌えるはずだったのになー。



上違和感ゼロ。もしろ色気と貫禄が増す、ヒゲめがねの大野さん。音符





上なぜ笑わずに、奏楽を最後までつとめられるのか?!
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
巻き巻き~♪
ダイヤ近所の川にダイヤ

今年もコガモがやってきました。

無事に到着してくれて良かった。。。この冬もよろしくねー。




ダイヤでは、いつもの冬鳥もほぼ顔をそろえた今日このごろダイヤ

今田神楽団プレゼンツ「第17回 お盆神楽共演大会」をご紹介してまいりま~すにかっ

本題に入る前に。。。

先週日曜に開催された「第41回美都町神楽競演大会」にて。

葛城山を舞われた今田神楽団の皆さんが、神楽団創立以来初となる優勝を飾られました。

更に胡蝶・森廣洋さん、笛の岡田真季さんが審査員特別賞を受賞されています。

おめでとうございます四葉

次にお会いできる日を心待ちにしていますっ


さて、この度17回目を迎えたお盆神楽。

特にここ数年は暑さ対策に工夫を凝らしながら、地元の協力を得て、団員皆さん力を合わせて開催されています。

加えて、懸命に準備をされる分だけ、自分たちもこのまつりを楽しんでおられるのです。

今では、お盆神楽を知らない方はほとんどないくらい、広く知られた共演大会。

来年も再来年も10年先も。

地元の皆さんをはじめ、帰省された皆さんに変わらない故郷の風景を見て頂けるよう。

長きに渡って開催していかれることをお祈りいたします!


~第一幕 神降し 今田神楽団~

昨年より、新入団員さんのご紹介をする機会に恵まれています。

この神降しも、新しい顔となる百本晃大さんを手打鉦とし、2年目の坂野志さんを笛とする気持ち新たなメンバー。

お迎えする神々へのご挨拶のようです。


神:上中寛輝さん。

大太鼓:森廣 洋さん、小太鼓:冨田 里絵さん、
手打鉦:百本晃大さん、笛:坂野 志(こころ)さん。







~第二幕 八十神 岡崎神楽社中~

久しぶりに岡崎の皆さんにお会いできたことが、めちゃめちゃ嬉しかったです。

加えて、石見らしい八十神。

兄彦・弟彦の和やかなやりとりで、華を添えたいという想いから八十神を持ってこられました。

上演前には吉本明正代表から『ひとつの演目のなかでのメリハリ、そして石見の方言でこの演目を味わってほしい。』とご紹介がありました。

又、合戦は面を外しての真剣勝負となりますが。

舞い上げの際、大国主さんの表情が和らぎ、少しだけにこやかな笑顔を見せられたのも、めでたさ倍増で好きです~。


八神姫:一ノ谷亜耶さん、兄彦:一ノ谷龍男さん、
弟彦:大屋勇樹さん、大国主命:一ノ谷勝志さん。

大太鼓:濱西雄士さん、小太鼓:佐々木章訓(あきのり)さん、
手打鉦:一ノ谷栄さん、笛:高原 淳さん。

























続きマウスねずみ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
深秋。
ダイヤ11日(日)に開催されましたダイヤ

『第42回 つつが神楽祭』今年も賑やかでした~にかっ

なかなか見る機会のない舞を連続で拝見して、あっという間!

ゲストの皆さんはユーモアと気迫の熱演。

筒賀の皆さんは、これでひと冬きっと元気に過ごせますよ四葉

神楽はまたあらためて、ゆっくりご紹介します。

(ほんとゆーーっくり)




上境内は人でいっぱい。葉が落ちてしまった大銀杏を見るのは初めてでした。


大歳神社の「筒賀の大銀杏」は、すでに葉を落としていました。

黄金の絨毯はフカフカ。

子供たちは銀杏のシャワーを繰り返し楽しんでいました。

眩しい自然の贈り物ですね。




上いつも「一体何枚くらい葉をつけるのか??」考えてしまう。
どなたか、ご存知ないでしょうか。。。



ダイヤ今週と来週の公演をご案内しますダイヤ

まずは14日(水)広島神楽定期公演。

上川戸神楽団の皆さんをお迎えします。

「塵倫」「八岐大蛇」です。

上川戸の塵倫!嬉しい~音符

ご来場お待ちしています。

11月14日(水)18時開場 19時開演
広島県民文化センター(082)245-2311




上一昨年の定期公演から、上川戸神楽団「塵倫」。


ダイヤ続きまして~ダイヤ

冬の到来を感じるひろしま胡子大祭(えびす講)が、11月18日(日)~20(火)で開催されます。

今年も山王神楽団の皆さんの夜神楽上演があります。

初日18日(日)、中央通りのトラックステージです。

山王の皆さんが体から湯気をあげて熱演される、迫力ある舞をご覧ください。

ドリミネーションも17日(土)から始まるので、この週末はウキウキとお越しください星

皆様も、寒さ対策をお忘れなく~。

〇えびす講・夜神楽〇

11月18日(土)19時30分頃~

場所:中央通り歩行者天国

※19時に中央通りが歩行者天国になってから、トラックステージ準備が始まります。
準備ができ次第神楽開始となりますので、開始時間は多少遅れるかもしれません。




上昨年のえびす講・夜神楽から。
今年は恵比寿様のどんなお話が聞けるかなっ?



ダイヤ更に続きまして~、11月も後半に入りますダイヤ

今年も本地・地元神楽団が、気持ちをひとつに!この一年のご報告と感謝の奉納を行います。

地元舞台ならではの和やかさと、心を尽くした舞を堪能してください。

〇本地地区3社合同衣装納め奉納〇

11月23日(祝)16時開場 17時30分開演
本地小学校体育館

17:30 神降し 上本地神楽団
18:00 三上山 山王子ども神楽クラブ
ご挨拶、ゲスト歌唱
19:25 伊吹山 本地中組神楽団
20:10 大江山 山王神楽団
20:55 滝夜叉姫 上本地神楽団
21:40 景品付き餅まき

※バザーもあります。
※時間は多少前後することがあります。
問:北広島町観光協会(0826)72-6908

チラシ下

http://www.npo-hiroshima.jp/cgi-bin/schedule/schedata/8763.jpg




上昨年の衣装納め奉納から、山王子ども神楽クラブ「日本武尊」。
今年は三上山です。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
風土。


上またキツネとばったり。


ダイヤ日米野球面白いですねダイヤ

今なら柳田選手の活躍も素直に喜べる~音符


ダイヤ広島神楽定期公演・才乙旭神楽団の皆さん続きますダイヤ

幕間のお話は、田中大作団長でした。

初登場のフレッシュな紹介です四葉

才乙旭神楽団は、明治はじめ頃に結成され。

時代時代に存続の危機を迎えながらも、これまで世代を繋いで来られました。

金城・七条より伝わった神楽を、昭和の初め頃に、雄鹿原下組神楽団に師事され整え直された記録があるそうです。

現在団員は10名でギリギリではありますが、OBの方々の助けを頂きながら活動をされています。

一人一人の役割が大きな分、団員さん同士の結びつきは深く。

家族的な明るさと誠意をもって、各公演・奉納をつとめられます。




上公演終了後、皆さんと記念の一枚。疫神の面をかぶらせて頂きました。
神楽団の雰囲気がそのまま写真になっているような気がしますにこっ



さて、この日は、芸北縁の方も会場にいらっしゃって心があたたかくなりました。

田中さんからは“冬の芸北自慢”ということで、スキーと温泉という楽しみ。

又、昨年のマイナス20度の極寒生活や、2メートルを超える雪の景色など、興味深いお話を次々として頂きました。

お客様には、神楽に加え、貴重な自然を誇る芸北に何かしらのきっかけを持ち帰って頂けたら嬉しいです。

才乙旭神楽団の皆さんは、11月18日(日)才乙大歳神社の胡子まつり奉納をつとめられます。

15時頃から、儀式舞、神武、恵比寿、八幡など予定されています。


~第二幕 鍾馗~

田中団長からは『芸北のねっば~~い鍾馗の舞をご覧ください。』とご紹介がありました。

いかに動かず滲ませるか「凄みの舞」と表現されます。

“バタバタする鬼は怖くない”と昔、先輩方が言われていたそうで、本当にそうだな~と納得しましたが、鍾馗の舞はその極みかもしれませんね。

又、疫神にも芸北特有の鬼の歩みが見られ、シビレてしまいました・・・ぽわわ


大太鼓:向田英章さん、小太鼓:市川健吾さん、
手打鉦:藤沢健次さん、笛:藤沢竜弥さん。

鍾馗大神:四郎田佳一さん、大疫神:向田拓夫さん。


























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
昂。


上あーあ。


ダイヤ昨日、窓から見える街路樹の話をしましたがダイヤ

今日帰ると、剪定されてすっかり裸になっていました。

さ、寒い・・・冬が来たみたい。

彡(-ω-;)彡


ダイヤ昨夜の広島神楽定期公演ダイヤ

才乙旭神楽団の皆さんご紹介します。




上デモンストレーション行ってきます!
なんちゅー豪華さ。鐘馗大神、大疫神の衣装を新しくされたばかりで、素晴らしい存在感でした。



初登場となりました、才乙旭神楽団の皆さん。

芸北“THE 旧舞”を心身共にじっくり味わい、満たされました音符

色々お話も伺えて、学ばせて頂いたことが沢山ありました。


ところで。

「才乙旭」という神楽団名ですが、才乙地区に“旭”がつく土地はなく。

登る朝陽のように輝かしい神楽団となるよう、先輩方が願いをこめて命名されたと、伝えられています。

最後の撮影会も、最後のおひとりまで丁寧に対応して頂き、ありがとうございました四葉


~第一幕 神武~

保持されている演目の中で、1番テンポが速い神武。

4人の舞子さんが息を合わせる舞は練習量も必要で、祭りなどでは必ず舞われる人気演目でもあり、若い団員さんの登竜門となっています。

太刀を持ち、飛びながら舞う激しさ。

着地で膝を打つ場面もあり、痛くないですか?とお聞きしましたら。

『無我夢中で気になりません。』というお答えと。

『サポーター必須です。』という、ふたつのお答えが同時に返ってきました。

長く舞って頂くためには、お体をお大事ににかっ


大太鼓:向田英章さん、小太鼓:向田拓夫さん、
手打鉦:藤沢健次さん、笛:四郎田佳一さん。

神倭磐余彦命:岡杖康弘さん、道真命:藤沢竜弥さん、
長髄彦:市川健吾さん、賊:三田玲司さん。




























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前  2018年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.368059秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2721432