仕上げに入る。
ダイヤ今年の漢字ダイヤ

「災」でしたね。

復興と安寧な毎日を願えば、今年はこれ以外にはないという印象です。


ダイヤ先週の広島神楽定期公演・あさひが丘神楽団続きますダイヤ

幕間のお話は、そうです、下田敏則団長ですにこっ

アンパンマン→ベイマックス→辻本茂雄さん(よしもと)の流れは“約束事を楽しむ神楽”と同じような感覚ですね。


さて、今年のあさひが丘の皆さんは、「結成以来、一番公演数が多かったかもしれない」と言われるほど多忙を極めました。

依頼された公演やまつりをつとめながら、復活演目を手掛け。

又、鈴張神楽団の皆さんとの合同演目の稽古が始まると、週4~5回の練習となったそうです。

『僕は練習も好きですから。』と落ちついた様子で話されましたが。

もし、自由な時間が出来たら何をしたいか?という質問には。

『ゆっくり焼酎を呑みたい。』と。。。

きっと、焼酎を呑みながら、神楽に思いを馳せられるのでしょう。


来年に向けては、他にも復活していきたい演目を掲げられ、新舞・旧舞共に力を注いでいかれるようです。

今週16日(日)鈴張神楽団の皆さんと一緒に恒例の太刀納めを開催されます。

この1年ご支援を頂いたファンの皆さんも団員の皆さんも、一緒になって和やかに過ごす会です。


鈴張、あさひが丘合同太刀納め

12月16日(日)11時開場12時開演
あさひが丘コープビル大ホール
入場無料

神降し(鈴張神楽団)
天神記(あさひが丘神楽団)
滝夜叉姫(鈴張神楽団)
悪狐伝(合同)
大江山〜酒呑童子〜(合同)

※駐車場 あさひが丘近隣公演
※カメラビデオ撮影禁止


~第二幕 八岐大蛇~

姫とりから始まって、どの場面もきっちりと伝えるべきことを伝えながら舞い進める大蛇。

初めて見る大蛇の型もありました~。


大太鼓:山本成希さん、小太鼓:安部憂大さん、
手打鉦:山本弘貴さん、笛:山本美波さん。

須佐之男命:山田悠人さん、奇稲田姫:東 堪太さん、
足名椎:下田敏則さん、手名椎:石川昌士さん、
大蛇:藤本靖浩さん・小田徹也さん・古岡和芳さん・石橋一樹さん。




























上天神記、道真が怨霊となる場面に使われる面をかぶらせて頂きました。かつてないほどしっくりきました星
左上:下田団長、左隣:吉田裕大さん、右隣:山田悠人さん。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
有言実行。
ねこ友人宅のチョロちゃんねこ

只今25歳・・・に25歳ぎょ

人間の年齢で換算すると、とっくに100歳を超えて130歳くらいの超高齢猫さん。

毛並みはごわごわになりましたが、食欲はあるし元気に鳴くし、まだまだ元気。

チョロちゃん、と話しかけると『なーん』と返事してくれます。

世界には38歳まで生きた猫さんもいます。

のんびり、ゆっくり長生きして欲しいチョロちゃんです。



上とにかく甘えん坊さんlove


ダイヤ先週の広島神楽定期公演をご紹介しますダイヤ

今年の定期公演もあと3回となりました。

冬の夕暮れに神楽のお囃子はとてもあたたかくて、多くの人に足をとめてもらっていましたが、しばらく寂しくなりますね。

とはいえ、12月末まで熱演は続きますグー

12月12日(水)大森神楽団 「源頼政」「滝夜叉姫」
19日(水)琴庄神楽団 「塵倫」「土蜘蛛」
26日(水)山王神楽団 「滝夜叉姫」「八岐大蛇」




上デモンストレーションに集まる方々の反応はとてもユニーク。
街中を歩いていて大蛇を見かけたら、そりゃあびっくりします。



先週は、あさひが丘神楽団の皆さんでした。

乾燥が気になるこの季節。

上演前、下田敏則団長と打ち合わせをしながら。

私のお気に入りのジンジャー&レモンハンドクリームを、た~っぷりと手の甲に出してお勧めすると。

丁寧にヌリヌリされていましたが。

『あっわし、大太鼓だった汗

お手洗いで奇麗に洗い流されて、余計に乾燥を招いたということですにひひ

神楽にハンドクリームは大敵でしたねー。


~第一幕 天神記~

今年はいくつかの演目を復活させたいと、昨年から、又、今年の新春神楽でもお話されていました。

その言葉通り、6月の定期公演では「鍾馗」。

この度は6年ぶりの「天神記」という、ふたつの演目を復活させる1年となりました。

シンプルな流れの中に、それぞれの役柄の繊細なこだわりを魅せる天神記です。

12月の太刀納めでも舞われますよ四葉


大太鼓:下田敏則さん、小太鼓:安部憂大さん、
手打鉦:東 堪太さん、笛:山本美波さん。

菅原道真:藤本靖浩さん、菅秀才:石橋一樹さん、
味酒安行:山田悠人さん、藤原時平:小田徹也さん、
藤原忠平:山本成希さん、藤原兼平:古岡和芳さん。

































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
今を一生懸命。
ダイヤ冬将軍がやってきた~ダイヤ

カゼ (。>﹏<。) ツメタイ

あったかくして、風邪とインフルエンザにも気を付けましょうね。


ダイヤ昨日はダイヤ

安佐北区民文化センターで、宮乃木神楽団 結成20周年記念神楽公演が開催されました。

多くの方のご来場で、盛会となりました。

この度の自主開催の中に、様々なテーマを設けられていた宮乃木神楽団の皆さん。

時の流れは、嬉しいこと悲しいこと、色んな課題をもたらしますが。

与えられた環境や条件の中で、誰でもいつでも新しいスタートを切ることができると感じました。

1年1年、積み重ねていくって凄いことだ!

20周年、本当におめでとうございます。




上寿永の乱 20周年特別バージョン
他の神楽団から神楽仲間が加わって、舞子さんは総勢20名。



ダイヤさてとダイヤ

今年もあと3週間。

太刀納めなどもひとつずつ終わっていきますね。

今年の神楽納め、いつになりそうですかにこっ


今夜は、12月22日(土)の合同太刀納めをご案内します。

高猿、八千代神楽団の皆さんと、それぞれの子供神楽の皆さんによる1年の結びです。

それぞれの神楽団の、今年の集大成の舞に続いて。

その後、2つの合同神楽を舞われます。

きっと賑やかで、あたたかな太刀納めになりますよ。

ご来場お待ちしています四葉


八千代神楽団・高猿神楽団合同衣装納め

12月22日(土)9時開場 10時開演
安芸高田市八千代町 八千代文化施設フォルテ

神迎え  高猿神楽ジュニア
葛城山  八千代神楽団
天の岩戸 高猿神楽団

お昼休憩

大江山  高猿・八千代合同
塵 倫  八千代子ども神楽団
紅葉狩  高猿・八千代合同

問:090-1355-0127(渡利さん)



上高猿神楽団創立20周年公演から、高猿神楽ジュニア・神降し。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
大蛇談義しましょう。
星今日の運勢第一位のやぎ座です星



上しっぶい。


にも拘わらず、冷蔵庫が壊れてしまいました。

冷蔵庫が壊れると、色々もうホント大変です。


でももう、25年ものですからね~。

ここ数年は夏に氷を作らなくなっていました。

冬はもういらないっ!てほど作るのに。

体力がなかったんですね、これまでよく頑張ってくれたと思います。

ありがとう!


ダイヤ前回の広島神楽定期公演ダイヤ

龍南神楽団の皆さん続きます。

この日の幕間は、花田舞太郎君から北広島町の観光&神楽案内がありましたので。。。

神楽団のいつものご挨拶は超短めバージョンでした。

登場されたのは、龍南神楽団の一番の若手となる佐々木天斗(たかと)さん。

21歳の若さながら、龍南神楽団の縁の下の力持ち!

私も度々、頼りにさせてもらっていますにこっ


そして、神楽団のご紹介に合わせて佐々木さんがお話されたのは、団員・継承者の募集でした。

華やかな舞台の裏に、現在の神楽のリアルがあります。

こういうお話も、積極的に、丁寧に伝えていきたいです。

では、モウモウモウモウモウタロウ~のダンスをご覧ください♪



上上手く踊れるか?いったいどうなっちゃうのか?ドキドキされているようです。



上爽やかで軽快な、佐々木瑞恵さんと、打田貴義さん。



上めっちゃ笑顔のノリノリ横谷 航さん。見ているこちらが楽しいにかっ



上佐々木孝男さんと佐々木天斗さんの親子コンビで舞太郎ダンス。
息ピッタリなんですよー。



~第二幕 八岐大蛇~

お客さんの近くで魅せる、大蛇。

舞子さんの息遣いを感じ、迫力やら愛嬌やら表情豊かな大蛇でした。

佐々木天斗さんに、大蛇への思いを伺うと。

「大蛇で席を立ったり、見ない方も結構いますが・・・“そういった方を帰らせない大蛇”を見せたいです!」

そーだそーだっ。

大蛇は神楽団ごとに違うし、個々でも全く異なるぞっ。

もっと大蛇を楽しもう!大賛成ですグー


大太鼓:佐々木天斗さん、小太鼓:上田康夫さん、
手打鉦:高田春二さん、笛:下梶憲昭さん。

素戔鳴尊:伊藤達郎さん、足名椎:打田貴義さん、
手名椎:佐々木孝男さん、奇稲田姫:佐々木瑞恵さん。
大蛇:横谷 航さん・小川 徹さん・花升隆宏さん・
沖 貴雄さん・畑 和樹さん。


























上酒呑童子の面をかぶらせて頂きました。
隣は佐々木天斗さん。これからも頼りにしています
四葉
(古原さん、ありがとうございました)
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
旧舞 天神。
ダイヤいつ寒くなってもいいようにダイヤ

冬用タイヤに替えました。。

雪道を運転するのはとても怖い。

この冬はどうだろう雪


ダイヤ日曜日はダイヤ

津浪神楽団太刀納めに沢山の方がお見えでした。

子供さんも多かったですねにかっ


それにしても驚いたのは、幕間がほとんどなかったことです。

どうやったらあんなに素早く転換できるのか、謎です。


津浪神楽団、ゲストの中川戸神楽団の皆さんの様子は、また改めて~。

(絶対来年になりますけど星




上ゲストとして華を添えられた中川戸神楽団 悪狐伝。
能海剛団長の玉藻の前、スーパー可愛かったですlove



ダイヤ先週の広島神楽定期公演ダイヤ

龍南神楽団の皆さんをご紹介します。




上舞太郎くんの大太鼓、かんぺき太陽



上奏楽の皆さんとの、息の合ったコラボ。



上その後は、酒呑童子さんたちと共演。酒呑童子が優しく見えたよ。。。


たまたま他の仕事で、この日の午前中、どんぐり村近くの龍南神楽団の地域を訪ねておりました。

「龍頭山の南側に位置する地域から“龍南神楽団”と名付けられた」と思い出し。

近くで見上げた龍頭山は、雄大で神秘的。

山という神様と神楽の深いつながりを肌で感じることができました。


~第一幕 天神~

龍南神楽団の天神を初めて拝見しました。

とても優雅な舞です。


時代と共に、舞も変化していますが。

賊の舞は、先輩方の舞い方を再び取り入れ、他にはない龍南独自の香りがします。


又、道真と時平の歌の掛け合いを増やしたりと、試行錯誤され。

旧舞の神楽団が天神を大切にされている様子、現代に更に磨かれる姿を見せて頂きました。


大太鼓:佐々木天斗さん、小太鼓:上田康夫さん、
手打鉦:佐々木孝男さん、笛:下梶憲昭さん。

菅原道真:花升隆宏さん、随身:畑 和樹さん、
伴大納言時平:小川 徹さん、中庸:沖 貴雄さん。



























ダイヤ明日5日(水)の広島神楽定期公演はダイヤ

あさひが丘神楽団の皆さんで「天神記」「八岐大蛇」です。

天神に続いての天神記は、面白いですね!

まだまだ年内の公演が続くあさひが丘神楽団の皆さんの熱演をお楽しみに音符


12月5日(水)18時開場 19時開演

広島県民文化センター(082)245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2018年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.366988秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2758338